優光泉でファスティングダイエット♪食事制限の落とし穴?!

 

 

「カロリー制限のダイエットは、常に空腹感との戦いなんだよなぁ」

 

 

「食事制限をするとストレスが溜まって、かえって食べちゃうんだよね」

 

 

あなたはこんなふうに、
カロリーを制限したダイエットで、リバウンドの経験をしていませんか?!

 

 

正しい食事制限をすると、体が体脂肪を燃焼させて
エネルギーとして使うようになるため痩せる事ができ、
空腹感に悩む事が無くなるため、リバウンドしません。

 

 

新陳代謝の
バランスを保つための指令を与えているのがホルモンです。

 

 

肥満は、このホルモンバランスが崩れることで起こる現象です。

 

 

ホルモンバランスを狂わせる一番の原因は、インスリンの異常であり、
その原因は炭水化物にあるというわけです。

 

 

ですから、炭水化物を摂るのをやめ、
人間本来の食べ物である動物性食品の肉や魚介類を
食べるようにすれば、肥満におちいることはありません。

 

 

太る理由は、消費カロリーよりも摂取カロリーが
多いからだと考えている人は沢山います。

 

 

ですので、痩せるためには、
食事のカロリーを制限する事が一番だと考えて
カロリーを制限するダイエットをしている人も多いと思います。

 

 

しかし、カロリーの高い肉や脂肪を制限して、
炭水化物を多く摂るダイエットをしてしまうと、
カロリー制限の「落とし穴」にはまってしまいます。

 

 

カロリーを消費する仕組み

 

 

人間の体は常に一定の体温を保ち、
心臓は休みなく動き続け、呼吸もし続けています。

 

 

脳細胞は生命維持や思考や判断など、
瞬時も活動をやめる事はありません。

 

 

それによって、カロリーを消費するのが「基礎代謝」です。

 

 

それに対し、歩いたり走ったり、
体をさまざまに動かすことで、
カロリーを消費するのを「運動代謝」といいます。

 

 

基礎代謝、運動代謝のどちらも、
体内でつくられるエネルギーによっておこなわれています。

 

 

しかし、エネルギー(カロリー)の
消費が大きいのは基礎代謝のほうで、
基礎代謝が70%、運動代謝が30%です。

 

 

私達の体は、ダイエットのために摂取カロリーを減らすと、
脂肪を燃やす前に筋肉を燃やして、エネルギーを作ろうとします。

 

 

人間の体は、カロリー制限をして十分に食べられない日が続くと、
自然に「飢餓モード」に入っていきます。

 

 

「飢餓モード」とは、食事からのわずかのエネルギーしか
得られない状況に対応するため、より少ないエネルギーで
生きていくようにと、脳から指令が下り、基礎代謝を
抑えようとすることをいます。

 

 

基礎代謝に使われるエネルギーの多くは、
筋肉によって消費されています。

 

 

飢餓モードでのエネルギーの消費を節約するには、
筋肉量を少なくするのが、もっとも手っ取り早いので、
カロリー制限をすると、まず筋肉の量が減って行くのです。

 

 

筋肉のタンパク質を分解して、アミノ酸から糖をつくり、
それをエネルギー源として使います。

 

 

これは、不足するエネルギーを補いつつ、
エネルギーを消費する筋肉を少なくする一石二鳥の方法です。

 

 

ですので、カロリー制限のダイエットを続けると、
体脂肪はそのままで筋肉が減りますから、体重はむしろ落ちます。

 

 

しかし、体の中では基礎代謝のために必要な筋肉が減り、
逆に諸悪の根源である、体脂肪は変わらないという状況が
進行しているのです。

 

 

体脂肪の低下を目標にする

 

 

カロリー制限のダイエットを実行すれば、一時的に痩せる事は可能です。

 

 

しかし、新陳代謝や消費カロリーも低下して行くので、
減量効果は時間の経過とともに薄れて行きます。

 

 

そして、カロリー制限のダイエットは、
空腹に耐えられなくなってしまうため、
長期間は続けられません。

 

 

そのため、途中であきらめて
以前と同じような食生活に戻る日がやってきます。

 

 

しかし、前と同じ食事をするようになったからといって、
少なくなった筋肉は元に戻るわけではありません。

 

 

筋肉の量は、ダイエットの前よりも
減ってしまっているので、基礎代謝量は落ち、
体が必要とするエネルギー量も少なくなっています。

 

 

そこに、以前と同じ量の炭水化物を摂れば、
以前よりもエネルギーが余るようになり、
余った分はすべて体脂肪にかわり蓄積されていくのです。

 

 

その結果リバウンドで、以前よりも太ってしまいます。

 

 

しかも、リバウンドによってダイエット前の体重に戻ったとしても
それは以前の体と同じではありません。

 

 

体重そのものは変わらなくても筋肉の量は減っています。

 

 

ということは、体脂肪が増えているわけです。

 

 

これがカロリー制限ダイエットの「落とし穴」です。

 

 

正しいダイエットとは、体脂肪を燃焼させて
エネルギーとして使い、体脂肪を減らすことをいいます。

 

 

ダイエットの目標は、体重やBMI値を下げる事ばかり
気にするだけでは無く、体脂肪率の低下にも置かなくてはいけません。

 

 

体脂肪の正常範囲は、成人女性では20〜25%とされています。

 

 

多くの人は体重やBMIばかり気にしているため、
体重は落ちても、体脂肪が増えてしまうという
カロリー制限ダイエットの落とし穴に気がつかないのです。

 

 

それは、体脂肪のもとになるのが炭水化物であるという事を
知っている人が少ないからです。

 

 

優光泉でファスティングダイエットをします。

 

 

そして終わった後の食事は、カロリーを気にせずに、
カロリーは高くても人間の体に必要な必須栄養素である、
タンパク質と脂質をお腹いっぱい食べて必要な栄養素を摂ります。

 

 

その時に、体脂肪のもとになる、
炭水化物は出来るだけ摂らないという食事制限をします。

 

 

そうすると、体脂肪が蓄積されることは無く、
逆に体が持っている体脂肪をエネルギーとして使い出すので、
痩せる事ができるのです。

 

 

ファスティングダイエットに使う「優光泉」ならこちらから

 

 

10?20代の女性だけでなく

 

 

10?20代の女性だけでなく、中高年層や産後に体重が戻らない女性、並びに中年になって太ってしまった男性にも注目を集めているのが、時間も掛からず着実にぜい肉を落とせる酵素ダイエットです。

 

ハリウッドセレブも親しんでいることで話題のチアシードは、たくさんお腹に入れなくても満腹になることから、日々のダイエットに役立つ食材だと評価されています。

 

ダイエットサプリを取り入れるのも悪くはありませんが、サプリのみ飲んでいればダイエットできるなどということはなく、カロリーカットやペースに合わせた運動も同様に実践しないといけません。

 

ダイエットに挑戦しているときは総じてカロリー制限するため、栄養のバランスが崩れることが多くありますが、スムージーダイエットであれば、必要となる栄養素をちゃんと補いつつスリムになることができます。

 

置き換えダイエットを実行するなら、野菜とフルーツを同時摂取できるスムージーや酵素飲料など、栄養成分満載かつ低カロリーで、しかも容易く長期間継続し続けることができる食品がないと始まりません。

 

どのようなダイエットサプリを買い求めれば良いのか判断できない時には、ネットの書き込みなどで判断するようなことはしないで、何が何でも成分表に目を通して判断するようにしましょう。

 

プロの運動選手に愛されているプロテインを飲んで脂肪を減らすプロテインダイエットなるものが、「健康的かつシャープに痩身できる」として、流行になっていると報じられています。

 

「適切な運動を続けているのに、スムーズにぜい肉が落ちない」という場合には、摂取するカロリーが必要以上になっているかもしれないので、ダイエット食品の活用を考慮すべきです。

 

一日の終わりにラクトフェリンを飲むことを日課にすると、睡眠時間中に脂肪が燃焼される為、ダイエットにちょうどいいと人気を集めています。

 

売れっ子女優を彷彿とさせる申し分のない肢体を何としても手に入れたいと熱望するなら、トライしていただきたいのが栄養バランスが良い美容食品「ダイエットサプリ」でしょう。

 

細身になりたいと考えている女性の強力な助っ人となるのが、カロリーが抑えてあるのにちゃんと満腹感を体感できる今ブームのダイエット食品なのです。

 

意識してダイエット茶を飲み続けますと、腸内環境が整って基礎代謝も盛んになり、いつの間にかスリムになりやすい体質へと変身することも不可能ではありません。

 

醜いぜい肉は短期間で身についた即席のものではなく、長期的な生活習慣が原因で蓄積されたものですから、ダイエット方法も長い目で見て生活習慣としてやり続けることができるものがおすすめです。

 

短い期間でさほど心身に負荷をかけずに、3キロ以上ストンと体重を減らすことができる即効性のあるダイエット方法は、酵素ダイエットが唯一の存在です。

 

脂肪が減りやすい体質を作りたいなら基礎代謝を向上することが必須で、それを為し得るには滞った老廃物を取り除いてくれるダイエット茶がぴったりです。